スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ひとりごと

生きていてほしいと思う人と、死ねばいいと思う人、
色々いるんだなと思う。

人には色々な願望があって、それは自分に向けてのものもあるけど、どちらかといえば他人に向けてのもののほうが多いような気がしている。

なぜか。

自分と違って、他人の言動や心はどうしようも出来ないことが多いからだ。


つまり、人は自分にはどうしようも出来ないかもしれないと悟った時に願望を抱く。




人の生死は誰にもコントロールできない。
殺す、という形で誰かの死を早めることは出来るかもしれないが、それには大抵代償として刑罰が与えられる。そして後悔したところで生き返らせることは出来ない。それは完全な形でのコントロールではない。


そんなこと、みんな分かっている。



分かっているのに、普段はそんなこと欠片も気にかけない。自分の言動の影響力が出てきたと思えた時に優越感に浸る。
そして、いざという時に、自分の無力さを知る。



わけもわからないくらいに、無力だと、ちっぽけだと、多分無意識でも知っているからこそ、自分の存在意義がほしいと感じるのかもしれない。



言いたいことがまとまらない(´・ω・`)!

スポンサーサイト
【2013/03/30 02:41】 | 独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。